在庫管理なび

御社は在庫管理で苦労していませんか?
・帳簿在庫と実在庫が合わない
・あるはずの在庫が見つからない
・違う部品を出荷しトラブルになった

帳簿在庫と実在庫があわないと、ムダな時間や資金が必要となります。
「在庫管理なび」は、実在庫の管理や正確な入出庫を実現に向けて知っておきたい、業務知識や専用システムに関する情報サイトです。

 kado_w74.jpg
(株)インフュージョン
角 三十五

「在庫管理なび」は、実在庫管理と入出庫・保管業務のカイゼン支援サイトです!

在庫管理や倉庫管理「在庫管理」という言葉が示す範囲は、人や立場によって異なることがあります。
特に多いのが「帳簿在庫」と「実在庫」の違いによる混乱です。

帳簿在庫は、会社のメインシステムである基幹システム(販売管理や生産管理システムなど)が管理します。
仕入れや販売、製造といった処理から、必要な在庫数を差し引きし、在庫を把握。
各企業で定めた在庫評価法により原価を出し利益が確定する、財務的にも重要なデータです。

もし、帳簿在庫と実在庫がズレていると、販売や製造などの企業活動に支障をきたしのはもちろん、実地棚卸で大きなズレが発覚すると決算にも影響します。
しかし、ご存知のように
・入荷や出荷、棚卸でミスしている
・イレギュラー処理(返品やサンプル持出、製造ロスなど)をシステムに入力していない
・紛失、盗難
といった理由で帳簿在庫はズレていきます

実在庫を正確にとらえるには、モノの動きとデータを合わせる「情物一致」が基本。
しかし、売上や製造処理と連動して在庫を増減する基幹システムでは、情物一致は困難です。
そこで、小規模なら紙やホワイトボードやエクセル、望ましいのは専用システムを使って実在庫を管理します。
合わせて保管位置まで管理することも多く、入出庫作業の正確性やスピードアップに活かせますし、もちろん帳簿在庫のズレの修正にも活用できます。

我々インフュージョンは、この様な実在庫管理を行い、倉庫作業を支援するクラウド型在庫管理システムを提供しています。
250拠点以上の導入実績を通じて、多くの現場に携わらせて頂きました。
実在庫管理のカイゼンは、
・モノの保管方法といった業務ノウハウ
・バーコードをはじめとしたシステム面での知識
いずれも必要となります。
実践的な考え方や管理手法を皆様へお伝えするべく、本サイトを立ち上げました。

このサイトが、皆様の在庫・倉庫管理のカイゼンに少しでもお役に立てれば幸いです。